海藻に含まれるフコダインの力とは

昆布やもずくなどの海藻って体に良さそうですよね。なんとなくのイメージでそう思っているかもしれませんが、理由があります。海藻類は水中で非常にぬるぬるしており、触ると糸を引くくらいです。このぬるぬるした成分がフコダインと言われ、体に良いとされているものです。フコダインを食べるとナチュラルキラー細胞という免疫細胞が活性化します。免疫細胞が活性化すると、がん細胞を攻撃したり、ウイルス感染細胞を攻撃したりします。つまり、体に悪いものを退治しようとする力が上がるわけです。ほかにも、抗菌作用、アレルギー抑制、コレステロール降下などにも効果があるとされています。海藻にはフコダインだけではなく、カリウムやナトリウム、カルシウム、マグネシウム、食物繊維など、現代人に不足しがちな栄養素が豊富に含まれています。一日の食事のどこかで、積極的に海藻類を食べたいものですね。

昔から効能が知られていたフコダイン

海藻に含まれているヌメリ、これはフコダインと呼ばれる非常に健康にとって有用な栄養素です。実は古代より、このフコダインについての薬効は知られており、中国における最古の薬学書と言われている「「神農本草経」の中に、すでに褐藻ホンダワラ類と思われる海藻についての薬効が記されており、これらの海藻の腫瘍等の症状を治す働きについての記述が確認されています。日本においても、「本草和名」と呼ばれる平安時代に記された書物の中で、フコダインが含まれた海藻類についての薬効が、非常に詳細に記載されています。例えばモズクが腫瘍等に効果があることや、アラメが婦人病に良いといったことが記載されています。世界的にその効能が知られるようになったのは、スウェーデンの大学教授がヌメリ成分についての研究を発表したことがきっかけで、現在に至っています。

海藻のヌメリ成分、フコダインについて。

美容や健康に海藻類が良いということは、以前より知られていましたが、実は、海藻特有のあのヌメリ成分自体が、非常に健康に良い成分であることがわかってきました。その成分が「フコダイン」です。実は、フコダインそのものの薬効は古来から「腫瘍を治す」ものとして知られていました。近年の研究によって、詳細な部分まで解明が行われるようになった結果、現在では、抗ガン作用やコレステロール低下作用、抗ウイルス作用などの、様々な生理機能への有用性がわかるようになってきています。フコダインは数ある海藻類の中でも、昆布やワカメ(メカブ)、モズクと言った褐藻類と呼ばれる種類のものにのみ含まれる成分で、水溶性の食物繊維の一種です。糖尿病にも有用であることから生活習慣病を改善するのにも有効ですし、また免疫力を高めてくれることも知られています。

ネット販売と共に実店舗販売も行っております。 当店ならではのサービス概要と致しましては、専門医の元で、適切なアドバイスを受けていただけるサービスがご利用いただけます。 パワーフコダインは超低分子化されているため効率よく吸収され、また専門医への電話相談も可能で安心して飲用いただくことができます。 高脂血症や糖尿病といった生活習慣病を防ぐサラサラの血液維持にはフコイダン。 ふこいだんに期待される効果・効能とは、色々な病気に効果的と言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ふこだいんパーフェクトレポート | PahlawanWeb powered by WordPress