• このエントリーをはてなブックマークに追加

京都で車検をする方法

車を持っている家庭なら、必ず行わなければならないのが車検です。以外と高額のため、期限が切れる日が近づくと費用を捻出しなければならないため憂鬱だという人もいるでしょう。京都で行える場所はディーラー車検、車検専門店、大型カー用品店での車検、街の車屋さん、自分でとるなど様々な方法があります。少しでも安くしたいと思いますが、毎日車を使う必要がある方や、お仕事などで時間的に余裕がない方にとっては短時間で終わらなければ困ってしまいます。サービスの状況も考えて京都の店舗を選ばなければなりません。それぞれの車の使用方法に合わせる必要があります。

もし車検を取り忘れたら

期限切れまでもうすぐだということは分かっていたのに、つい忘れてしまい車検切れの車に乗っていた場合は、罰則があるので注意しましょう。しかも6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金とかなり重い刑罰です。自賠責保険も切れていれば1年以下の懲役または50万円以下の罰金です。違反点数も6点、自賠責保険も切れていれば更に6点減点で合わせて12点の減点となるため免許停止は免れません。まかり間違って事故やその他の違反を犯してしまったら大変なこととなります。数ヶ月前までは覚えていたのに忙しくて忘れてしまったということがないように十分気をつけなければなりません。期間は新車購入後は3年、その後は2年ごととなり、特に最初が3年後なので、次の回も3年後だと間違わないようにしましょう。

自動車検査登録制度とは何か

車検とはいったいどういうものなのか分かっていない方も多いと思います。車が保安基準に達しているかどうか定期的に検査確認するためのもので、基本的に運輸支局の検査場で行わなければなりません。民間の整備工場などは独自で点検を行ってから運輸支局に持ち込んで検査をうけます。大型カー用品店やディーラーは運輸支局から認定されているところがあり、その場合は点検整備を終えてから、そこで検査を受けることが出来ます。検査に合格すると検査標章と自動車検査証がもらえます。検査標章は前面の見えやすい位置に貼らなければならず、これに違反した場合も50万円以下の罰金が科せられます。違反をしていないか国土交通省はガソリンスタンドや自動車用品店などに情報提供を依頼してます。さらに国交省の職員による目視パトロールを行ったり、2018年にはナンバープレートを検知するシステムの運用を開始しています。

車検の引き取りサービスを実施しており、近隣地域では、朝にお車を引き取り、夕方に納車することが可能です。 軽自動車の場合は54,670円からで、小型車の場合65,530円から、大型車の場合81,930円から、特大型車の場合90,130円からです。 デリバリー車検のため無料で引取納車に伺います。ご自宅・お勤め先でもOKです。 京都で車検ならデリバリー車検アーバン京都

ピックアップ記事

京都で車検をする時の納税証明書について

車検を受けるときには納税証明書が必要になります。車検証や自賠責保険は車に積んでいる方が多いと思いますが、納税証明書となるとピンとこない人もいるはずです。自動車税をキチンと納めた証明書ですが、毎年4月1...

京都で車検切れになってしまった場合

車検切れになってしまった場合は絶対に車に乗ってはいけません。業者に持ち込むくらいなら大丈夫ではないか?と思ってしまうかもしれませんが、例え僅かな距離でも運転はできません。一時的に運転が可能になる仮ナン...

プロに任せる京都の車検

車に関して規制緩和されたものの、自分で運輸支局へ持ち込み検査をすることは大変で、もし整備ミスがあった場合は大変危険で時には命にかかわることなので、やはり業者にお願いする人が多いです。車を購入したディー...

車検を京都で安く済ませる方法

車検をとる場合、最も費用がかかる場所はディーラーです。メーカーの純正パーツを使用しディーラーならではの専門知識で点検しその場で検査することが出来るからです。しかし、キチンと基準に達した整備点検がされて...