バーチャルオフィスで法人登記する際の住所

バーチャルオフィスとは、オフィスの機能だけを提供するというサービスの形態になります。実際に事務所を構える必要がなく、ビジネスを行う上で必要な住所、ビジネスを行う上で必要な電話番号の利用をすることができ、様々なニーズにサービスを合わせることによって、事業運営を円滑に行うことが可能です。新しく会社を設立する際には、申請書類には必ず本店所在地の住所が必要になります。バーチャルオフィスの住所は法人登記を行うことが可能なのです。法人登記をする際の登記申請書、定款、その他の公的手続きに住所貸しサービスで提供を受けた住所を使用することが可能なのです。本店としても支店としての登記でも両方使用することが出来るのが、バーチャルオフィスの最大のメリットといえます。

バーチャルオフィスの人気がある理由

まずは会社の設立時の大幅なコストカットをすることが可能という点です。会社を設立する際には多額の初期費用、人件費、家賃などの資金が必要になりますが、実際にオフィスの物件を賃貸契約するよりも、敷金・礼金・保証金・家賃などの経費を大幅にカットすることが出来ます。資金繰りや人手不足を解消することが出来るのです。次に会社の住所を一等地にすることが出来ます。会社の住所は事業を行う上での必須事項です。名刺やホームページなどに記載されている住所は、会社の信頼を得るための要素にもなります。会社を企業する際に一等地に物件を借りるのは大変な労力、コストがかかってしまいます。架空の住所を掲載することは違反ですので絶対にしてはいけません。しかしこのサービスを利用すればデメリットをカバーすることが可能です。

利用する上での注意点やデメリットとは?

このサービスを利用して会社を設立することに関しては何の問題もないのですが、一部悪徳業者や出会い業者などが利用をして、悪用するような組織があることは事実です。サービス会社によってはそれを知りながらもサービスの利用を継続させているような会社も存在しています。自分が利用をする場合にはしっかりと審査をしてくれるサービス会社を見極める必要があります。審査の甘すぎるサービス会社の場合は警戒するように注意しましょう。また逆に顧客にそのような誤解を受ける可能性もありますので、相手先に誤解されることのないようにしっかりとした事業運営を心がけましょう。上手にこのサービスを利用することによって、企業できるハードルも下がり無限の可能性を生み出すことが可能なサービスです。