• このエントリーをはてなブックマークに追加

車検を京都で安く済ませる方法

車検をとる場合、最も費用がかかる場所はディーラーです。メーカーの純正パーツを使用しディーラーならではの専門知識で点検しその場で検査することが出来るからです。しかし、キチンと基準に達した整備点検がされていれば純正パーツにこだわる必要はなく、ユーザー車検、つまり自分で点検整備し検査を受けることも可能です。端的に言うならこの方法が最もリーズナブルとなります。現在はユーザー車検を受けるための教本やインターネットでも情報が得られるため以前よりも自分で行う人は増えています。また、ユーザー車検代行業者といって代理人が検査場に車を持ち込む業者が京都でも増えています。

検査料だけなら僅かな金額

自分で検査を受けることに決めたら、車を持ち込む京都の検査場を確認します。車検が切れる1カ月前から検査することが出来るので何か不備があったときに備えて、なるべく早めに予約した方が無難です。自宅から最も近い場所を選ぶケースが多いでしょうが、実は検査料は普通車ならばわずか1,800円なのです。つまり、税金や保険料で高額になっているわけです。その他点検時に様々なパーツ代や作業工賃がプラスされてしまいます。時間的にもインターネットから受付することが出来、その時間に行き、順調に進めば2時間以内で終了します。実際には事前の検査に合格するための整備に時間がかかります。検査ラインをしっかり確認し、全ての項目でクリアしなければ検査に合格することはできません。

京都で検査受けるための点検整備と書類の準備

まずはタイヤですが溝がしっかり残っていなければなりません。それぞれのライトがキチンと点灯いるかですが、ヘッドライトに関しては向きも重要で引っかかりやすいです。ブレーキ関係やワイパー、ウォッシャーも検査項目で、ファンベルトなどのベルト類にヒビが入っていてはいけません。普段から自分で車を点検することが好きで、オイル交換やタイヤの状況くらいは行っている人向けと考えられます。書類は現在の自動車検査証、自動車納税証明書、自賠責証明書、24ヵ月定期点検整備記録簿が必要です。24ヶ月点検は車検後行うと告げれば当日はなくても大丈夫です。しかしいずれは行わなければなりません。24ヶ月点検だけを行った場合は車検時の点検よりも高くなるところもあります。車の整備が不備であった場合はドライバーや同乗者、更にはそれ以外に人にも危険が及びます。ユーザー車検はよほど車に詳しい人でなければ難しいと考えられます。

ピックアップ記事

京都で車検をする時の納税証明書について

車検を受けるときには納税証明書が必要になります。車検証や自賠責保険は車に積んでいる方が多いと思いますが、納税証明書となるとピンとこない人もいるはずです。自動車税をキチンと納めた証明書ですが、毎年4月1...

京都で車検切れになってしまった場合

車検切れになってしまった場合は絶対に車に乗ってはいけません。業者に持ち込むくらいなら大丈夫ではないか?と思ってしまうかもしれませんが、例え僅かな距離でも運転はできません。一時的に運転が可能になる仮ナン...

プロに任せる京都の車検

車に関して規制緩和されたものの、自分で運輸支局へ持ち込み検査をすることは大変で、もし整備ミスがあった場合は大変危険で時には命にかかわることなので、やはり業者にお願いする人が多いです。車を購入したディー...

車検を京都で安く済ませる方法

車検をとる場合、最も費用がかかる場所はディーラーです。メーカーの純正パーツを使用しディーラーならではの専門知識で点検しその場で検査することが出来るからです。しかし、キチンと基準に達した整備点検がされて...