• このエントリーをはてなブックマークに追加

京都で車検切れになってしまった場合

車検切れになってしまった場合は絶対に車に乗ってはいけません。業者に持ち込むくらいなら大丈夫ではないか?と思ってしまうかもしれませんが、例え僅かな距離でも運転はできません。一時的に運転が可能になる仮ナンバーを取得すれば、車検をとるときの運転は可能になります。しかし、自賠責保険も切れていたのなら、事故をおこしてしまった場合保険はおりません。任意保険の加入をしていなければ多額の負債をかかえてしまうことになりかねないので、自分で運転することはやめた方が良いです。業者によってはそのような事態に備えて仮ナンバーを取得していたり、全ての車両に保険をかけているところがあります。特に引き取りや納車を行ってくれるところはそういった準備が出来ているところが多いです。

車検と廃車、どちらにする?

年式が古くなった車は、あらゆるパーツの交換を行わなければならなくなり、かなりの金額がかかってしまうことがあります。車は乗っている距離が少なくても、各部品が劣化してしまいヒビが入ったりしてしまいます。それならばいっそ廃車にしてしまった方が良いのではと考えることがあるでしょう。その場合は京都の業者に見積もりをお願いして、金額によって決めるという方法があります。但し、あくまでも見積もりはそのときの金額であって、年式が古い車はその後すぐに違うパーツの交換をしなければならないということもあり、それが高額となるケースもあります。その後のこともしっかりアドバイスをくれる業者にお願いするべきです。

京都で車検をとらないと決めたとき

廃車にすると決めた場合は廃車手続きを行わなければなりません。永久抹消登録、一時抹消登録、輸出抹消登録の3種類があり、それぞれ用意する書類が違います。車を解体処理してからナンバープレートと書類を持って運輸支局に行って申請しなければなりません。現在は自動車リサイクル法があり解体処理をするときも、とても面倒な手続きがあります。それらの手続きをすべて自分で行うことはとても大変なので、もし廃車する可能性があるなら廃車サービスまで行っている業者にお願いした方が無難です。また、車検が1ヶ月以上残っているのなら重量税を還付してもらえます。更に車の状態によっては買い取りを行ってくれるところもあります。もしもの時に備えどのようなサービスを行っているのか確認してから業者にお願いしましょう。

ピックアップ記事

京都で車検をする時の納税証明書について

車検を受けるときには納税証明書が必要になります。車検証や自賠責保険は車に積んでいる方が多いと思いますが、納税証明書となるとピンとこない人もいるはずです。自動車税をキチンと納めた証明書ですが、毎年4月1...

京都で車検切れになってしまった場合

車検切れになってしまった場合は絶対に車に乗ってはいけません。業者に持ち込むくらいなら大丈夫ではないか?と思ってしまうかもしれませんが、例え僅かな距離でも運転はできません。一時的に運転が可能になる仮ナン...

プロに任せる京都の車検

車に関して規制緩和されたものの、自分で運輸支局へ持ち込み検査をすることは大変で、もし整備ミスがあった場合は大変危険で時には命にかかわることなので、やはり業者にお願いする人が多いです。車を購入したディー...

車検を京都で安く済ませる方法

車検をとる場合、最も費用がかかる場所はディーラーです。メーカーの純正パーツを使用しディーラーならではの専門知識で点検しその場で検査することが出来るからです。しかし、キチンと基準に達した整備点検がされて...